膣がゆるむ原因は筋肉の衰えだった|縮小の手術が行える

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

プチ整形感覚で行える治療

ウーマン

膣のゆるみを改善する方法の1つがヒアルロン酸注射です。このヒアルロン酸を膣のゆるんでいる部分に注入することで膣を縮小することができます。短時間で施術できるのでプチ整形感覚で治療が行なえます。

Read More

切開して治す

考える女性

ゆるんでしまった膣の引き締めを改善するために縮小手術を受けるといいでしょう。手術は日帰りで受けることができ、治療には約30分から1時間の時間が必要です。麻酔を使うので手術中は痛みも少ないでしょう。

Read More

緩みの原因と対処方法

女性

デリケートな女性の悩みの1つに膣のゆるみというものがあります。このゆるみは自分ではなかなか気づけないもので、尿漏れやパートナーの指摘によって気付かされたという人は少なくないでしょう。なぜ、膣がゆるんでしまうのかというと、腹筋や骨盤の周りを支えている筋肉の力が弱まってしまうことが原因です。これらの筋肉が弱くなると膣のゆるみだけでなく子宮脱という病気になってしまう場合もあるので気をつけましょう。骨盤の周りの筋肉は出産や加齢、姿勢の悪さなどいろいろなことが原因で弱ってしまいます。例えば、出産のときに胎児を支えていた筋肉が引き伸ばされてしまいます。この筋肉は長い間負荷がかかっている状態で伸びてしまい上手く収縮できないときがあるのです。収縮が上手くいかず伸びたまま筋力が低下し膣のゆるみに繋がってしまいます。また、姿勢の悪さが原因で筋力が落ちることもよくあることです。これらの筋力低下で膣がゆるんだ場合はどのような対処を取ることができるのでしょうか。症状が軽度であるなら自分で膣トレーニングを行なって筋肉をつけることができます。しかし、重度な症状の場合は膣を縮小させるために専門の病院へ行くことになるでしょう。専門の病院ではゆるんで広がってしまった膣を縮小するために手術を行なってくれるのです。また、一時的な膣の縮小方法としてヒアルロン酸や脂肪を注射器で注入する場合もあります。この他にも膣を縮小させる方法があるか専門の病院で相談するといいでしょう。